MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

富士山ヒルクライム


2014.6.15
第11回 JBCF 富士山ヒルクライム
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第8戦
 ●Jエリートツアー第16戦
 ●Jフェミニンツアー第14戦

【大会リポート】

Jプロツアー第8戦
『第11回JBCF富士山ヒルクライム』

日付 2014年6月15日
会場 静岡県駿東郡小山町 ふじあざみライン
距離 全長11.4km、標高差1200m

【Jプロツアー】

増田成幸が圧倒、堀孝明とワンツー達成の宇都宮ブリッツェン

ヒルクライム連戦の2戦目は日本を代表する「激坂」のふじあざみライン。平均勾配は10%を超え、特に中盤過ぎからは平均18%、最大22%の区間が続く。Jプロツアーの記録は昨年にホセ・ビセンテ(Team UKYO)の出した40分52秒。日本人では森本誠の42分11秒。

スタート後はフラビオ・バルセッキそして狩野智也のTeam UKYO勢が先頭でペースを作る。やがて狩野らが抜け出しそして先頭は増田成幸・堀孝明(宇都宮ブリッツェン)、岩井航太(那須ブラーゼン)、櫻井一輝(なるしまフレンドレーシングチーム)の4人に。堀が増田のために先頭を引き、そして中盤過ぎからの急坂で増田が抜け出しそのまま独走、2位に1分20秒の大差を付け優勝。2位に堀が、3位には22歳の岩井が入り、栃木県勢で表彰台を独占した。優勝した増田は2012年Jプロツアー石川ロード以来、2年ぶりの優勝。

結果 P1
1位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)42分49秒
2位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)+1分20秒
3位 岩井航太(那須ブラーゼン)+1分27秒
4位 ガルシア・リカルド(Team UKYO)+1分59秒
5位 狩野智也(Team UKYO)+1分59秒
6位 櫻井一輝(なるしまフレンドレーシングチーム)+2分10秒

Jプロツアーリーダー ガルシア・リカルド(Team UKYO)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

【Jフェミニンツアー】

結果 F
1位 針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)1時間01分27秒
2位 大谷梢(湘南ベルマーレクラブ)+21秒
3位 西加南子(LUMINALIA)+34秒

Jフェミニンリーダー 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)

mt-fuji

序盤は狩野智也(Team UKYO)がペースを作る

mt-fuji

中盤過ぎてアタック開始の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)

mt-fuji

独走でゴールを目指す増田成幸(宇都宮ブリッツェン)

mt-fuji

2年ぶり優勝の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)

mt-fuji

P1クラスタ 表彰

mt-fuji

Jプロツアーリーダー ガルシア・リカルド(Team UKYO)、U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

mt-fuji

小山町内からパレードスタートするE1、E2クラスタ

mt-fuji

Fクラスタ、序盤区間

mt-fuji

Fクラスタ 表彰



写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 


6/14 コミュニケ-2を掲載。
6/12 コミュニケ-1(パレードスタート等)コースマップ会場マップメイン会場レイアウトを掲載。
   ※JPT優先駐車は、参加チームのうち、現在のチームランキングの上位から10チーム。1チームのスペースは7mx7mとする。
    1.Team UKYO, 2.宇都宮ブリッツェン, 3.那須ブラーゼン, 4.CROPS × championsystem,
    5.イナーメ信濃山形, 6.ロヂャースレーシングチーム, 7.シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA サイクリングチーム,
    8.なるしまフレンド レーシングチーム, 9.JP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDEX, 10.斑鳩アスティーフォ

6/09 レーサーリストを昇格反映して更新
6/05 レーサーリストを掲載
6/03 エントリ―締切
5/28 実施要項を掲載し、エントリーを開始。締切は6/03(火)。