MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

みやだロードレース


2011.8.20 - 21
第3回 JBCF みやだロードレース
JBCFロードシリーズ
 ●JPT(Jプロツアー) 第11戦
 ●JET(Jエリートツアー) 第18戦
 ●JFT(Jフェミニンツアー) 第18戦

miyada

Jプロツアー表彰式 【photo by Makoto Ayano】


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第11戦
『第3回 JBCF みやだロードレース』

日付 2011年8月20日(土)タイムトライアル
    2011年8月21日(日)クリテリウム
会場 タイムトライアル:長野県上伊那郡宮田村
    クリテリウム  :長野県上伊那郡宮田村内特設コース
距離 タイムトライアル:1.3km
    クリテリウム  :決勝38.4km(3.2km×12周回)

このレースは2日間に亘って行われる。1日目タイムトライアル+2日目クリテリウム と、異なる2種目の成績をポイント化し、積算の総合ポイントで順位が決定するもの。

【Jプロツアー:タイムトライアル】
宮田村林間の1.3km。清流沿いの小路で、ゴールまでひたすら登り基調。 道幅が狭く、曲がりくねったコースは見通しが悪く、直角コーナーが1ヶ所。 天候は雨で気温も低く、コンディション的にも難易度が増す状況である。 選手は現在のツアー総合ランキング降順で30秒毎にスタートする。

出走84名のうち、後半までは2分43秒がトップタイムであったが、上位20名内から一気に2分30秒台へ。ランキング4位の西薗良太(シマノレーシング)が2分29秒のトップタイムを出す。結果、唯一2分30秒を切った西薗が1位。1位~4位まではシマノレーシングの独占となった。

《タイムトライアル結果》※Pは付与ポイント
1位 西薗 良太(シマノレーシング) 02:29.97秒 31.20km/h 50P
2位 畑中 勇介(シマノレーシング) 02:31.44秒 +00:01 45P
3位 鈴木 真理(シマノレーシング) 02:33.37秒 +00:03 44P
4位 鈴木 譲 (シマノレーシング) 02:34.07秒 +00:04 43P
5位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)02:36.01秒 +00:06 42P
6位 廣瀬 佳正(宇都宮ブリッツェン)02:36.66秒 +00:06 41P


【Jプロツアー:クリテリウム】
予選勝ち上がり→決勝で行われる。決勝ではボーナスポイントを得るポイント周回が設けられており、ゴール着順のみではなくレース中の周回ポイントも順位に影響する。全12周回のうち、3・6・9周の3回が通過上位4名にポイント付与。他、5・10周の2回に地元賞(付与ポイント外)も設けられており、周回毎の緩急を促している。

3.2kmの周回コースは平坦基調だが、緩やかなアップダウンを含みながら10ヶ所の直角コーナーで繋ぐ。道幅も広くはなく、濡れた路面のコーナーはレースへの影響も予想される。 1日目に続き天候は雨。予選では一時小康状態となり、路面が乾くほどにまで回復したが、決勝スタート頃にはまた雨。気温も低く肌寒い状況でのレースとなった。

スタートからペースが早く、集団は一列棒状で先頭が入れ替わる状態。3周回目のポイントは、畑中勇介(シマノレーシング)、増田成幸、辻善光(宇都宮ブリッツェン)、ガロッファロ・ヴィンチェンツォ(マトリックスパワータグ)の4名が、順に通過し、ポイントを獲得。通過後の4周回目、鈴木真理(シマノレーシング)が単独で抜け出す。鈴木は4周回~9周回まで先行し続け、6周回目と9周回目の1位ポイントを獲得。一方、メイングループでは、いずれも畑中がポイント周回先頭をとり2位ポイントを獲得。ポイント周回を終えると、単独先行し続けた鈴木は集団に吸収、愛三工業レーシングチーム、宇都宮ブリッツェンを中心に集団は活性し始める。

ラスト12周回目、柿沼章(宇都宮ブリッツェン)がアタック。山下貴宏(マトリックスパワータグ)が反応し、2名で先行する。残り100m、最終コーナーを単独で抜けてきたのは山下、このまま逃げ切りかと思われたが、ゴール直前で集団が捉え、かわしてきた畑中が獲った。

《クリテリウム結果》※Pは付与ポイント
1位 畑中 勇介(シマノレーシング) 50P
2位 中村 誠 (宇都宮ブリッツェン) 45P
3位 山下 貴宏(マトリックスパワータグ) 44P
4位 品川 真寛(愛三工業レーシングチーム)43P
5位 西薗 良太(シマノレーシング) 42P
6位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン) 41P

みやだロードレース、総合優勝は畑中勇介(シマノレーシング)。タイムトライアル2位、クリテリウム1位+3回のボーナスポイント獲得による。シマノレーシングは、総合ワン・ツー・スリーと表彰台を独占した。

ツアー総合1位のルビーレッドジャージは引き続き増田。2位の畑中がその差25ポイントに迫っている。チーム総合はシマノレーシング、2位の宇都宮ブリッツェンとのポイント差を徐々に広げ、総合力を見せている。
ツアーは残すところあと4戦、今後の総合争いに注目。

《総合結果》※Pは付与ポイント
1位 畑中 勇介(シマノレーシング) 45+50+11=106P
2位 西薗 良太(シマノレーシング) 50+42+ 2= 94P
3位 鈴木 真理(シマノレーシング) 44+39+10= 93P
4位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)42+41+ 5= 88P
5位 中村 誠 (宇都宮ブリッツェン)40+45+ 0= 85P
6位 鈴木 譲 (シマノレーシング) 43+40+ 0= 83P

【Jフェミニンツアー】
距離 タイムトライアル:1.3km
   クリテリウム  :決勝22.4km(3.2km×7周回)

2日目のクリテリウムは7周回、ボーナスポイント周回が2回設けられている。 雨が激しく、ゆったりとしたペースで集団のままレースは進行する。ポイント周回は、西加南子(LUMINARIA)と高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)が激しく争い、1回目は高橋、2回目は西が1位ポイントを獲る。力尽きた選手が徐々に集団から落ちていき、ラスト周回には集団9名。ゴールはボーナスポイント獲得の3名、西、高橋、西塚優美(SQUADRA CORSA cicli HIDE)でのスプリントとなり、高橋が1位を獲った。

《タイムトライアル結果》※Pは付与ポイント
1位 高橋 奈美(Vitesse-Serotta-Feminin) 03:13.24秒 24.21km/h 50P
2位 西塚 優美(SQUADRA CORSA cicli HIDE)03:13.66秒 +00:00 45P
3位 西 加南子(LUMINARIA) 03:16.50秒 +00:03 44P

《クリテリウム結果》※Pは付与ポイント
1位 高橋 奈美(Vitesse-Serotta-Feminin) 50P
2位 西 加南子(LUMINARIA) 45P
3位 西塚 優美(SQUADRA CORSA cicli HIDE)44P

《総合結果》※Pは付与ポイント
1位 高橋 奈美(Vitesse-Serotta-Feminin) 50+50+ 8=108P
2位 西 加南子(LUMINARIA) 44+45+ 8= 97P
3位 西塚 優美(SQUADRA CORSA cicli HIDE) 45+44+ 4= 93P


miyada

西薗良太(シマノレーシング)がトップタイムを出す

miyada

Jプロツアー タイムトライアル表彰式

miyada

クリテリウム決勝スタート

miyada

増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、畑中勇介(シマノレーシング)ツアー総合上位がボーナスポイントを争う

miyada

単独先行し続ける、鈴木真理(シマノレーシング)

miyada

逃げる山下貴宏(マトリックスパワータグ)をかわし、畑中勇介(シマノレーシング)が獲る

miyada

高橋 奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)がトップタイム

miyada

ゴールスプリントで高橋 奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)が獲る

miyada

Jフェミニンツアー クリテリウム表彰式

 【photo by Makoto Ayano】


【JBCF事務局からのお知らせ】


[COMMUNIQUE No.2:2011.08.17]

1.8/20(土)のTTのスタート順は以下の通りとする。
 ・クラスタ順はF1・2、E3、2、1、P1
 ・F1・2、E3、2、1についてはゼッケン順とし、スタート地点に2名並列し1名ずつ15秒間隔でスタートする。
 ・P1については、ランキング降順で別表のスタートリストにより1名ずつ30秒間隔でスタートする。
 ・各クラスタのトップタイムを出した者は、フィニッシュ地点にて待機し、タイムを抜かれたら交代すること。

2.E2クラスタのクリテリウムは、参加者が42名なので予選は行わず、決勝のみとする。

3.これにより、8/21(日)のスケジュールを一部変更する。
 出走サイン  7:10~ 各クラスタスタートの15分前まで
 E3予選1組 7:50~
 E3予選2組 8:15~
 以降は要項通りで変更はしない。

4.クリテリウムの補給については、監督会議で指示するが、各自で熱中症対策は十分に行うこと。


[COMMUNIQUE No.1:2011.08.01]

1.タイムトライアルで使用する自転車については、クリテリウムで使用するものと共通とし、エクステンションバー、ディスクホイール、エアロヘルメットの使用は不可とする。
 ※これはコース走行の安全に配慮した結果である。

2.本大会は、別表の成績の出し方により総合成績を出して、規定のJBCFポイントを付与する。また、各レース毎にも表彰は行う。
 なお、各レースのみに参加することも可能ではあるが、総合成績の対象とはならず、JBCFポイントはDNFポイントを与える。