MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

南信州松川ロードレース


2011.8.6 - 8.7
第2回 JBCF 南信州松川ロードレース
JBCFロードシリーズ
 ●JPT(Jプロツアー) 第10戦
 ●JET(Jエリートツアー) 第17戦
 ●JFT(Jフェミニンツアー) 第17戦

shuzenji

Jプロツアー表彰式 [photo by Official Photographer Hideaki Takagi]


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第10戦
『第2回 JBCF 南信州松川ロードレース』

日付 2011年8月7日(日)
会場 長野県下伊那郡松川町 上大島周回コース 周回7.5km
距離 105km(7.5km×14周回)

【Jプロツアー】
松川町の一般公道を使用したコース。直角コーナーのある平坦路や勾配のきついアップダウン、道幅の狭い下りコーナーなど、暑い時節でもあり厳しいレースが予想される。 当日は良く晴れて朝から気温が高い。暑さがピークに達した頃のスタートとなった。

スタートからペースが早く集団は一列棒状。各チームが仕かけあい、頻繁に先頭が入れ替わる状況。2周回目から西薗良太(シマノレーシング)を先頭に5名の先頭グループが形成され、徐々に後続との差を広げる。途中、西薗が離脱し、総合上位の2名を含む4名となる。畑中勇介、鈴木譲(シマノレーシング)、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、ガロッファロ・ヴィンチェンツォ(マトリックスパワータグ)

一時、後続メイングループとの差は1分30秒まで広がるが、7周回目からメイングループが活性し始め、愛三工業レーシングチームを中心に15名ほどが追走を開始、徐々に差を詰めていく。追走グループは周回を重ねるたびに人数が絞られ、10周回目には3名に。鈴木真理(シマノレーシング)、中村誠(宇都宮ブリッツェン)、中島康晴(愛三工業レーシングチーム)。

残り1周回となる13周回目、ついに後続3名は先頭に追いつき7名に。最終周回は激しいアタック合戦となるが決まらず、勝負はゴールスプリントへ。グループに複数名を含むシマノ勢が見事な連携を見せ、最後は畑中勇介が制した。

総合1位のルビーレッドジャージは引き続き増田。終始先頭グループに位置し、総合を守りぬいた。2位の畑中とは更に僅差、2名の総合争いは次戦以降も続く。

1位 畑中勇介(シマノレーシング)3時間08分21秒
2位 中島康晴(愛三工業レーシングチーム)
3位 ヴィンチェンツォ・ガロッファロ(マトリックスパワータグ)
4位 中村誠(宇都宮ブリッツェン)
5位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+02秒
6位 鈴木真理(シマノレーシング)+03秒
7位 鈴木譲(シマノレーシング)+4分52秒
8位 五十嵐丈士(Fuji-Cyclingtime.com Japon)+5分03秒
9位 青柳憲輝(シマノレーシング)+5分16秒
10位 福田真平(愛三工業レーシングチーム)+7分30秒

【Jフェミニンツアー】
距離 40km(4km×10周回)

周回4kmのショートコース。平坦路が少なくアップダウンの連続コースとなる。
早々に人数が絞られ、西加南子(LUMINARIA)が後続を大きく離して優勝。

1位 西加南子(LUMINARIA)1時間33分26秒
2位 豊岡英子(パナソニックレディース)+1分45秒
3位 橋本みどり(なるしまフレンド)+3分54秒

shuzenji

頻繁に先頭が入れ替わる、辺りはりんご畑

shuzenji

5名の先頭グループが形成される

shuzenji

畑中勇介(シマノレーシング)がスプリントを制し、優勝

shuzenji

Jフェミニンツアーは西加南子(LUMINARIA)が優勝

photo by Official Photographer Hideaki Takagi

 

【JBCF事務局からのお知らせ】


[COMMUNIQUE No.1:2011.08.02]

1.フィニッシュ地点並びにコース上関門において、P1については先頭競技者より10分、E1・2・3、F1・2については先頭競技者より5分遅れた選手(周回遅れ)は大会役員がその旨を通告するので、速やかに競技を中止すること。

2.飲食料の補給については、指定された場所で各クラスタとも毎周回認める(コース右側の一方向とする)。なお、飲食物の包装、容器等は指定する回収ゾーン(補給地点)以外での投棄は、それが不用意で落としたとしても禁止とする。これに違反した者はコミュニケで公表する。