MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

2011 西日本ロードクラシック


2011.6.5
第45回 JBCF 西日本ロードクラシック
JBCFロードシリーズ
 ●JPT(Jプロツアー) 第5戦
 ●JET(Jエリートツアー) 第9戦
 ●JFT(Jフェミニンツアー) 第9戦


広島

photo by Official Photographer Hideaki Takagi


【公式リザルト】

2011.6.5
 リザルト

【公式ランキング】

2011.6.5
●JPT(Jプロツアー)
 JPT 個人ランキング
 JPT チームランキング
●JET(Jエリートツアー)
 JET 個人ランキング
 JET チームランキング
●JFT(Jフェミニンツアー)
 JFT 個人ランキング


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第5戦 『第45回 JBCF 西日本ロードクラシック広島大会』
開催日:2011年6月5日(日)
開催地:広島県中央森林公園サイクリングコース(広島県三原市本郷町上北方1315)
距 離:123km(12.3km × 10周回)

【Jプロツアー】
広島空港に隣接する広島県中央森林公園のサイクリングコースは、アップダウンが激しく、道幅狭いブラインドコーナーの連続する下りなど、テクニカルなコースレイアウトから選手自身の総合力が問われる。全日本選手権にもよく使われるお馴染みのコースだが、昨年のコース改装で新しい舗装路となっており、これまでとは異なる影響も予想される。

レースは序盤から柿沼章(宇都宮ブリッツェン)や、福島晋一(ボンシャンス飯田JPT)らが積極的な動きを見せるなど、各チームアタックをしかけるが、なかなか決まらない。しかし、周回を重ねるたびに力尽きた選手は落ちていき、100名ほどの出走から5周回完了時にはメイン50名ほどとなる。

更にメイン23名に絞られた8周回目、西薗良太(シマノレーシング)、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)の抜け出しをきっかけに、先頭は9名となる。畑中、鈴木真理、西薗、青柳のシマノ4名、福島、増田、ガロッファロ・ヴィンチェンツォ(マトリックスパワータグ)、西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)、井上和郎(チームブリヂストン・アンカー)。

いよいよラスト1周回を前に、ガロッファロが一度は抜け出したものの痛恨のパンクにより離脱、更に優勢シマノの攻撃により、福島、井上が脱落、最終10周回目には西谷もが脱落し、残り先頭は5名に。 畑中、鈴木真理、西薗、青柳のシマノ4名に対し、増田ブリッツェン1名と、シマノが圧倒的優勢な状況。増田はシマノの交互仕掛けにひとり応戦したが、最後の坂でアタックした畑中、西園に反応できず、畑中と西薗のシマノがワン・ツー勝利を飾った。シマノレーシングの圧勝となる。

新舗装路の影響か、平均ラップタイム18分06秒という、過去のラップタイムを大きく上回る超ハイペースな今回のレースは、出走104名のうち、完走者はたった28名というサバイバルレースであった。

Jプロツアーの統合ポイント、ルビーレッドジャージは、白浜クリテ勝者の辻善光(宇都宮ブリッツェン)に戻る。これまでの総合ポイント上位は僅差のため、今後も激しい戦いが予想される。

1位 畑中勇介(シマノレーシング)3時間01分01秒
2位 西薗良太(シマノレーシング)+06秒
3位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+31秒
4位 青柳憲輝(シマノレーシング)
5位 鈴木真理(シマノレーシング)+33秒
6位 西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)+53秒
7位 福田真平(愛三工業レーシングチーム)+1分05秒
8位 マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)+1分06秒
9位 辻善光(宇都宮ブリッツェン)+1分07秒
10位 栂尾大知(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)+1分08秒


【Jフェミニンツアー】
同コース12.3km×3周回 36.9km

2周回目から抜け出した、豊岡英子(パナソニックレディース)が後続を大きく引き離し、最後は2分以上の差をつけて堂々の優勝。

1位 豊岡英子(パナソニックレディース)1時間06分06秒
2位 星川恵利奈(湘南ベルマーレクラブ)+2分42秒
3位 坂口聖香(Ready Go JAPAN)

広島

序盤、福島晋一(ボンシャンス飯田JPT)らが積極的に動く

広島

ラスト周回 シマノ4名に対しブリッツェン1名

広島

畑中(シマノ)が優勝、シマノがワン・ツー

広島

表彰式 ルビーレッドジャージは辻善光(ブリッツェン)にく

広島

豊岡英子(パナソニックレディース)が抜け出し、後続を引き離す

広島

Jフェミニン表彰式

photo by Official Photographer Hideaki Takagi

 

【JBCF事務局からのお知らせ】

2011.6.2
コミュニケを発行しましたので、下記をご確認ください。
 COMMUNIQUE NO.1