MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

2011 群馬CSC day1


2011.7.9
第3回 JBCF 群馬CSCロードレース day-1
JBCFロードシリーズ
 ●JPT(Jプロツアー) 第8戦
 ●JET(Jエリートツアー) 第13戦
 ●JFT(Jフェミニンツアー) 第13戦

gunma day-1

photo by Official Photographer Hideaki Takagi


【大会リポート】


JBCFロードシリーズ Jプロツアー第8戦
『第3回 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1』 』
日付 2011年7月9日(土)
会場 群馬サイクルスポーツセンター(群馬県利根郡みなかみ町新巻3853)
距離 114km(6km×19周回)

【Jプロツアー】
群馬CSC(サイクルスポーツセンター)は過去より幾度もレースが行われており、馴染みのある選手も多い。連続したアップダウンやタイトな下りコーナーなど、テクニカルな6kmのコース。

天候は晴れだが湿度が高く、朝から気温も高い。スタート時刻の昼頃には更に気温が上昇、厳しい暑さの中でのスタートとなった。

3周回目から、柿沼章(宇都宮ブリッツェン)、奈良基(ボンシャンス飯田JPT)、2名の逃げが始まり、メイングループとの差を徐々に広げながら周回を重ね、一時その差は1分超えまで広がる。10周回目、5名の追走グループをきっかけにメイングループは活性し始め、ペースが上がる。12周回目に先頭2名は吸収、ひとつになった集団のペースは更に上がり集団は分裂。シマノレーシング、宇都宮ブリッツェンを中心に先頭は18名ほどとなる。17周回目、先頭グループから更に5名が抜け出す。畑中勇介、西園良太、平塚善光(シマノレーシング3名)、増田成幸、初山翔(宇都宮ブリッツェン2名)。

この頃から天候が急変、雲に覆われ辺りは暗くなる。ついには雷警報が出されたため、予定20周回(120km)から急遽19周回へ変更となる。 最終19周回目、最後の登り前で先頭は畑中、西園のシマノ2名に対し、総合リーダーの増田ブリッツェンの1名に。登りでの西園、畑中のアタックに増田は反応できず、昨年の群馬CSC(東日本ロード)でも勝利した畑中が優勝。続いて西薗、シマノがワン・ツー勝利を飾った。
ルビーレッドジャージは引き続き増田。今回のレースレイティングはAAでポイントが高く、この勝利で昨年のツアーチャンピオンでもある畑中は総合2位につける。1位との差をつめてきている。

1位 畑中勇介(シマノレーシング)2時間51分20秒
2位 西薗良太(シマノレーシング)+12秒
3位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+23秒
4位 平塚吉光(シマノレーシング)+30秒
5位 初山翔(宇都宮ブリッツェン)+35秒
6位 鈴木譲(シマノレーシング)+1分17秒
7位 中村誠(宇都宮ブリッツェン)+1分20秒
8位 中島康晴(愛三工業レーシングチーム)+1分21秒
9位 岩島啓太(なるしまフレンドレーシングチーム八王子)
10位 栂尾大知(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)+1分22秒

【Jフェミニンツアー】
距離 30km(6km×5周回)

2周回目後半より豊岡英子(パナソニックレディース)、高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)、西加南子(LUMINARIA)の3名に絞られ、最終周回へ。最後の登りで抜けた豊岡と高橋とのゴールスプリントとなり、豊岡が優勝。

1位 豊岡英子(パナソニックレディース)54分20秒
2位 高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)
3位 西加南子(LUMINARIA)+11秒

gunma day-1

先頭を追い始めるメイングループ、一気にペースが上がる

gunma day-1

終盤、シマノ3名+ブリッツェン2名に勝負が絞られる

gunma day-1

畑中勇介(シマノレーシング)が優勝

gunma day-1

Jプロツアー表彰式

gunma day-1

豊岡英子(パナソニックレディース)がスプリントを制す

photo by Official Photographer Hideaki Takagi

 

【JBCF事務局からのお知らせ】


[COMMUNIQUE No.2:2011.07.07]

1.スタート時間の変更
 E2とE3の出走人数が多いため安全を考慮し、E3のスタート時間を変更し、別レースで実施する。
 E3のスタート時間を 9:12 に変更
 ※なお、ツアーポイントはCを付与するが自動昇格はE2への昇格とする

2.飲食物の補給について
 各クラスタにあっては全周回の補給を認める。
 所定エリアの一方向で行うこと。 ※マップ参照


[COMMUNIQUE No.1:2011.07.06]

1.スタート時間の変更
 E3のスタート時間を次の通り変更する。
 当初9:00 を 9:02 に変更

2.ヘルメットキャップの使用
 E2がE3選手と混走になるため、E2選手はヘルメットキャップを使用する。

3.飲食物の補給について
 各クラスタにあっては全周回の補給を認める。
 所定エリアの一方向で行うこと。