MENU
RACE
協賛
関連団体

白浜エアポートクリテリウム


2010.4.29
白浜エアポートクリテリウム2010
ジャパンサイクルロードレースツアー2010(Jサイクルツアー):第4戦
ジャパンチームグランプリ2010(Jグランプリ):第7戦
女子サイクルロードレース・ジャパンツアー2010(Jフェミニン):第7戦

白浜大会

2010.4.29 J-tour Shirahama photo by J-tour Official Photographer Hideaki Takagi

 

[JBCF事務局からのお知らせ:2010.4.28]

ゲートオープン6:00の予定が7:40に、選手受付6:30~08:30の予定を7:50~8:50に変更となりましたので、ご注意ください。

 

Jサイクルツアー・レースリポート

 

「Japan Cycle Road Race Tour 第4戦 白浜エアポートクリテリウム」

日付     2010年4月29日(木) 15時15分 決勝スタート
開催地  旧南紀白浜空港跡地(和歌山県西牟婁郡白浜町)
距離     決勝 45km(3km × 15 Lap)

<レース概要>
 低気圧の通過に伴う強い風が吹く中、予選を勝ち抜いた50名により決勝が行われた。人数的に優勢なシマノレーシング、マトリックス・パワータグ・コラテック、宇都宮ブリッツェンなどを中心にレースが進められた。
 多くの選手たちが抜け出しを図るが、折り返す形のコースレイアウトは、容易に抜け出した選手たちとの差を確認することができるため、なかなか決定的な差がつかない。最終周回に、Japan Cycle Road Race Tour、ここまで総合トップの畑中勇介選手(シマノレーシング)、辻善光選手(宇都宮ブリッツェン)、山下貴宏選手(マトリックス・パワータグ・コラテック)ら4名が、集団に5秒ほどの差をつけ抜け出すものの、他のチームの追い上げにあい、最後は集団でのスプリント争いとなる。その中でチームメイトによって、うまく集団前方に引き上げられた鈴木真理選手が優勝を果たした。シマノレーシングはこれで本ツアーシリーズ4連勝。

 

<優勝した鈴木真理選手(シマノレーシング)のコメント>
「風が強く、きついコンディションだったので少人数での逃げが決まると思っていたが、意外に決まらなかった。最終周回に入るときにチームメイトの畑中が入った4名の集団は逃げ切ると思ったが、これに(自分のいる大集団が)追いつくと判断したラスト半周時点でチームメイトの平塚、村上と連係をとり最終のコーナーに先頭で入ることができた。あとは追い風だったので難しいスプリントではなかった。チームとして開幕4連勝することができて嬉しい。」

 

(JBCF広報委員会)